麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部

麻雀講座 塔子・待ち

麻雀倶楽部 > 麻雀の概要 > 塔子・待ち

塔子(ターツ)

面子になる前の状態のことを「塔子(ターツ)」と呼びます。塔子には色々な種類があります

基本的に塔子は上記4つからなります。それぞれがどのような形か下をご覧ください。
塔子形塔子の例待ち牌
両塔子
(リャンターツ)
3満4満2満 5満
5筒6筒4筒 7筒
嵌塔子
(カンターツ)
4索6索4索
1満3満2満
辺塔子
(ペンターツ)
1満2満3満
8筒9筒7筒
対子
(トイツ)
4満4満4満
中中中

両塔子ほど待ちの効率がよく、間塔子・辺塔子になるほど完成しづらくなります。また、対子は雀頭としても使えます。


待ち

聴牌(テンパイ)はあと何か1枚必要牌が来たらアガリの状態です。あと1枚来たらアガリという状態(待ちの状態)にも色々あります。基本的には塔子(ターツ)と同じ考え方をします。

待ちの形

待ちの形待ちの例待ち牌
両面(リャンメン)待ち3満4満2満5満
両面+両面の3面待ち4索5索6索7索8索3索6索9索
嵌張(カンチャン)待ち4索6索5索
辺張(ペンチャン)待ち8筒9筒7筒
単騎(タンキ)待ち+
両面(リャンメン)待ち
5満5満5満6満4満6満7満
単騎(タンキ)待ち+
嵌張(カンチャン)待ち
4筒4筒4筒6筒5筒6筒
双ポン(シャンポン)待ち
(通称:シャボ待ち)
8満8満 南南8満 南

待ちは符計算の時にも影響する項目です。両面(リャンメン)待ちと単騎(タンキ)待ちでは符が異なったりしますので、待ちの形というのも以外に重要なところです。

Copyright © 2010 麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部, All Rights Reserved.