麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部

麻雀ルール「流局・途中流局」

麻雀倶楽部 > 麻雀の概要 > 流局・途中流局

流局(リュウキョク)

一般的な流局とは、王牌以外のツモ牌が全て無くなった場合に流局と言って局が終了します。
このような一般的な流局のことを荒牌(こうはい)と呼びます。
ただし、流し満貫が成立していた場合は、流局とならず「流し満貫」のアガリとして次局に進むのが一般的です。


不聴罰符(ノーテン罰符)

流局の場合は「不聴(ノーテン)(聴牌していない人)」の人が「聴牌している人」に「不聴罰符」を支払います。


聴牌人数不聴人数聴牌した人不聴(ノーテン)の人
0人4人±0点±0点
1人3人+3000点−1000点
2人2人+1500点−1500点
3人1人+1000点−3000点
0人0人±0点±0点

不聴罰符を支払い、次の局へと進みます。


ここで最初に決めておくべきこととして、「流局時の親流れ」についてです。親が聴牌していれば流局しても親は流れない等、これは事前にルール確認する必要があります。他にもいくつか事前にルールを確認する必要がある項目があります。詳しくはルール確認についてをご覧ください。


途中流局

基本的に王牌以外の牌が全て無くなれば流局となりますが、以下にあげる項目が発生すると冷害として途中で流局となります。

九種九牌

これは第一ツモ牌をツモった状態(親は配牌)で、一・九・字牌が9種類以上存在する場合、その局をその時点で流局とすることが出来ます。流局にしないことも出来るため、国士無双(役満)を狙うことも可能です。その時の状況により流す流さないの判断をしましょう。
ただし、第一ツモの前に他家からの「鳴き」が入ってしまえば九種九牌は成立しません。

例:第一ツモ時
 

四風連打

四風連打とは一巡目に4人が同じ風牌を切るとその時点で流局となります。ただし1巡目に「カン」が入ると無効となります。
自分が西家や北家の場合に東家・南家が同じ風牌を捨てた時、配牌が悪ければ同じ風牌を切り四風連打で流すことも考え、また配牌が良い場合は切らないようにします。

四人リーチ

四人全てがリーチをするとその時点で、途中流局となります。

三家和(サンチャホウ)

三家和とはある捨て牌に対して、三人が同時に「ロン」する場合に、その三人全てのアガリが無効となり途中流局となります。

四開槓(スーカイカン)

四開槓とは1局の中で4回槓(カン)が発生した場合に4回目の槓をした人の捨て牌が通ればそこで流局となります。
ただし、4回の槓を一人でやった場合は四槓子(役満)となりますので、続行となります。

Copyright © 2010 麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部, All Rights Reserved.