麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部

麻雀上達講座「筋について」

麻雀倶楽部 > 麻雀上達講座 > 筋について

筋という考え方は守りの基本的な考え方です。麻雀は振り込みをすると振り込んだ人が全ての点数を支払います。振込み(相手のアガリ牌を捨てない)ことがあがると同じくらい重要になります。


牌の種類1・4・72・5・83・6・9
満子
(マンズ)
索子
(ソウズ)
筒子
(ピンズ)

この「1・4・7」「2・5・8」「3・6・9」というのが筋と呼ばれます。3つ飛ばしがなぜ筋なのでしょうか?。
例えば以下の様な待ちの聴牌を考えます。


  待ち牌
待ち牌は「2・5索」
  待ち牌
待ち牌は「2・5・8索」

上記のように、両面待ちの場合必ず3つ飛ばし「1・4・7」「2・5・8」「3・6・9」での待ちになります。
次にこの筋を利用した考え方を紹介します。


筋による守りの考え方

最初に記述した通り、筋の考えを生かすのは守り(相手の捨て牌から安全牌を切るため)の時です。
捨て牌にがあった場合に が通るのか?を考えて見ましょう。
両面待ちの場合に、 が待ちである場合、必ず以下の様な形になります。
両面待ち(両塔子) ⇒待ち牌
両面待ち(両塔子) ⇒待ち牌

つまり捨て牌にがあるので必然的にで待つことは有り得ません。

では逆にが捨てられている状態では通るのでしょうか
で待っている状態では、たとえが切れていたとしてもであがられる可能性はあります。
の両方が捨てられて、はじめての両面待ちの可能性がなくなるわけです。

先程から両面待ちに限った話をしてますが、単騎待ちやシャボ待ちに関してはこの筋の考えが通用しないため、確実に安全牌であるとは言えません。例えば以下のような場合です。


捨て牌


聴牌形

このような場合、捨て牌にがあったとしてもは通りません。安全な確率が高いというだけで、筋を逆に利用した攻撃をする場合もありますので、注意が必要となります。


捨て牌から安全牌を選ぶ

それでは具体的にリーチ者の捨て牌から安全牌を考えて見ましょう。


リーチ者の捨て牌


10巡目に他家からリーチが掛かりました。この場合に注目する相手の捨て牌は
 

上記の牌から以下の牌の両面待ちの可能性が否定されます

このように筋を生かして守りを固めましょう。ただひとつだけ、筋だからと言って決して安全ではありません。平和系以外である場合逆に筋を狙われる場合があります。相手の捨て牌から相手の役を予想することもとても重要です。

Copyright © 2010 麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部, All Rights Reserved.