麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部

麻雀上達講座「リーチについて」

麻雀倶楽部 > 麻雀上達講座 > リーチについて

リーチについて

現代麻雀においてはリーチは最重要な役であると言えます。
リーチを掛けることで一翻役が付きますが、裏ドラ+一発の権利が得られます。単純計算でリーチ1回につき、0.3枚の裏ドラがくっつくためリーチは一翻役以上の価値があると言えます。またリーチには他家の牽制という役割もあります。リーチが掛かるとどんな人でも大抵警戒し、手牌の進みが一直線ではなくなり相手の手牌の進み具合も大幅に遅らせることが出来ます。捨て牌に細工をすることでリーチをすることで、他家からの出アガリの可能性が高くなるケースもあります。

次にリーチをどのような場合に掛けるのか、具体的な例で考えましょう。

case1


上のような聴牌形の場合、現状役無しでツモアガリしか出来ませんが3面待ちの良形聴牌です。半荘開始間際の場合は裏ドラ+一発を期待してリーチのみで問題ありません。他家を警戒して降りていては相手を調子付かせるだけで、後手後手に回ってしまいます。ここはさくっとあがってしまうのが得策と言えます。

しかし、半荘も終盤と言う段階では注意が必要です。自分がトップ目の場合ももちろん、ラス目の場合もリーチは気をつけましょう。場の状況を見て危険ことをやってそうな人がいたり、ドラが役牌だったりした場合は無理に攻めずダマで構えて危険牌をツモった場合は無理せず降りるくらいな気持ちが必要です。

case2


上の手は断ヤオ・平和形でリーチを掛ければ3900点の手です。
「8筒」が入れば3色が狙えるため、とりあえずダマをする人もいるかも知れませんがここはリーチです。「8筒」が入ってきたところで3色同順が確定するわけではなく、リーチ+裏ドラ(一発)を期待して素直にリーチを掛けるべきです。

case2−2


断ヤオ確定で「2筒」「5筒」両面頭待ちの形
case2と比較すると手変わりが早そうです。
 →平和への手変わり
 →3色同順(+平和)への手変わり
→平和への手変わり(1筒の場合は断ヤオが無くなりますが)


このようにcase3に関しては高目への変化がいくつもあり、尚且つダマでも一応あがれる形であり急いでリーチに行く手ではありません。


リーチの判断

リーチの判断はとても難しいです。同じ手牌でも状況によってはリーチすべきであったり、しない方が良かったりします。この判断をより正確なものにするために、場の状況(捨て牌やドラ、点数状況)を考えて適切な判断をすることが大事だと言えます。

Copyright © 2010 麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部, All Rights Reserved.