麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部

麻雀上達講座「面子(順子)の考え方」

麻雀倶楽部 > 麻雀上達講座 > 面子の考え方

面子(順子)の考え方

麻雀は攻めに関しては如何に効率良く4面子・1雀頭を完成させるかというゲームです。しかし次にツモる牌が何かはツモってみないと分かりません。そこで手持ちの中で出来るだけ多くの可能性に対応できる形にしておく必要があります。

特にこのページでは順子(シュンツ)に関しての考え方について説明します。

1面子+1枚の考え方

4満5満6満 このような面子に1枚くっ付いた形を考えます。

(1)4満5満5満6満
(2)4満5満6満7満

上の様な形の場合、1面子+余分な牌と考えるよりも2面子または1面子+1雀頭として考えましょう。

(1)4満5満5満6満 ⇒ 4満5満 + 5満6満
受入れとしては3満4満6満7満で2面子形、5満で1面子+1雀頭


(2)4満5満6満7満 ⇒ 4満5満 + 6満7満
受け入れとしては2満3満5満6満8満9満で2面子形、4満7満で1面子+1雀頭が完成します。


このように、1面子完成状態に1枚くっ付く事で2面子への移行がスムーズに出来ます。1面子+αの形はよく出現するので1面子に捕われず幅広い見方をしましょう。

Copyright © 2010 麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部, All Rights Reserved.