麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部

麻雀ルール 風について

麻雀倶楽部 > 麻雀の概要 > 風について

風について

麻雀には「風」と言うものがあります。麻雀牌にも風牌があるように、麻雀では風という考え方をするようです。
基本的な考え方としまして、
下の図で説明します。まず、画面手前の人が親の場合、その親から反時計回りに「東」「南」「西」「北」となります。

画面手前の人が親の場合

麻雀風について


親は親以外の誰か(子)があがった時点で親は下家(右隣)となります。
つまりこの時は親が右隣へ移動しますので下のような風となります。

麻雀の風について


場・半荘

このように親が一周すると場が終わります。最初の一周を「東場(トンバ)」、次の一周を「南場(ナンバ)」と呼びます。
「東場」「南場」を合わせて半荘と呼びます。つまり4人がそれぞれ親を2回やり終えたらそこで半荘が終了します。
基本的に麻雀は半荘が区切りとなりますので、そこで一半荘が終了し、ゲームが終了します。


東一局東二局東三局東四局
東一局東二局東三局東四局
南一局南二局南三局南四局
南一局南二局南三局南四局

Copyright © 2010 麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部, All Rights Reserved.