麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部

麻雀の始め方、麻雀の流れ

麻雀倶楽部 > 麻雀の概要 > ゲーム進行方法

配牌の取り方

麻雀を始める前準備として麻雀卓を囲む4人の場所決めと親決めを行います。
場所決め方法はいくつかあります。詳細はこちらをご覧下さい⇒場所決めと仮親について

場所決めと親決めが終わったら実際に麻雀が始まります。まず牌を取り始める位置を決めるために親がサイコロを振ります。
使用するサイコロは6面のサイコロを2つです。
2つの合計が2〜12までありますが、出た数に応じて牌を取る位置が異なります。下の図をご覧下さい。


サイコロ合計と牌を取り始める位置の関係

麻雀サイコロ

親の位置から数えて反時計周りに1(東)、2(南)、3(西)、4(北)、5(東)・・・・・12(北)と数えますが、例えばサイコロの出目合計が7の場合、西家の山から牌を取り始めます。


親のサイコロ合計が7の場合の配牌の取り方

配牌の取り方

サイコロの出目が7の場合、サイコロの出目(7)で山を分割し、西家からみて左の山から取り始めます。ちなみに右側は王牌(図中黒色の牌)となります。王牌についてはこちら⇒王牌と嶺上牌とドラについて

サイコロの出目が7の場合は、先ほどのように西家の山から取り始めます。西家から見て右7枚を王牌(図中黒色の牌、ドラは赤)として分け、その左から親が図中水色4枚・南家が緑色4枚・西家がオレンジ色4枚・北家が黄色4枚を取っていくという流れです。


サイコロ合計6の場合

配牌の取り方

サイコロ合計が6の場合は、南の山から取り始めます。右側6枚(西の山の1列を追加して7列を王牌とする)を王牌(図黒色の牌)として分けます。次に左側の山から東家・南家・西家・北家が4枚ずつ3回取り、最後1枚ずつ(親のみもう1度)取ります。これで親14枚、子13枚の配牌が配られます。

その後、親が捨てるところから麻雀が開始します

最初はこの取り方を覚えるまでが大変ですが、慣れればすぐ覚わりますので、まずはやってみて覚えましょう。

Copyright © 2010 麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部, All Rights Reserved.