麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部

半荘・場(東場、南場)・局

麻雀倶楽部 > 麻雀の概要 > 半荘・東風

半荘・場・局

麻雀というものはアガリが出た時点で一区切りとなりますが、1回のアガリで終了ではなくそれを何度も繰り返して最終的な点数で勝敗が決まります。それぞれの区切り毎に呼び名がありますので紹介します。

局は1回アガリが出た区切りのことを呼びます。配牌が配られてから誰かがあがればその時点で局は終了します。
ただし、親のアガリの場合は局は終了しますが、風は流れません。この局と風については関連がありますので、風についても一緒にご覧ください。

ちなみに、親が上がった場合、同じ風で一本場となります。更に親が上がった場合は二本場となります。
本場というのは一本場につき300点が上がり点に加算されます。
つまり三本場で2000点のアガリが出た場合、2000点+300点×3本場=2900点が合計得点となります。
徐々に覚えていきましょう。

東場(トンバ)・南場(ナンバ)

次の区切りとして、「東場・南場」があります。「東場」「南場」はそれぞれ4局から成り、麻雀開始時は東場弟1局から始まります。
東一局東二局東三局東四局
東一局東二局東三局東四局
南一局南二局南三局南四局
南一局南二局南三局南四局

このように親が一周すると場が終わります。最初の一周が「東場(トンバ)」、次の一周を「南場(ナンバ)」です。

半荘

「東場」「南場」を合わせて半荘と呼びます。つまり4人がそれぞれ親を2回やり終えたらそこで半荘が終了します。
麻雀競技というものは大抵半荘が区切りとなりますので、そこで一半荘が終了し、ゲームが終了します。

Copyright © 2010 麻雀無料ゲーム大百科│麻雀倶楽部, All Rights Reserved.